福井県勝山市 平泉寺白山神社〜苔のじゅうたんが神秘的!〜

Pocket

永平寺での
参籠体験のあとは
福井県勝山市の
平泉寺白山神社に
立ち寄りました。

境内にいっぱいの苔が
非常に美しく、
ものすごく神秘的な場所でした。


717年に白山信仰の地として開かれ、
今年で開山1300年だそう。
至るところに
ものすごい歴史を感じました。


この鳥居の手前あたりで空気が
すごく変わる感じがありました。
一緒に行った友人と夫も同じように
感じたそう。


どこを見ても、
苔!苔!苔!
苔の絨毯です。

(友人が撮った写真♪ふたりともカメラ女子なので、写真撮るの楽しかったです。)

苔むした参道を
ずーっと歩いていくと
本殿があります。
本殿もすごい歴史を感じますね。


案内によると、
この奥は白山禅定道という
白山への登山道へと
繋がっているようでした。

御手洗池(みたらしいけ)

御手洗池という池もあります。

少し脇にそれたところにあり、
人もいなくてさらに静かな場所でした。

平泉寺白山神社とは

ちなみに、ここ、
平泉寺白山神社と書いて
「へいせんじはくさんじんじゃ」と読みます。

私たちがまず抱いた素朴な疑問は、
「お寺なの?神社なの?
どっちなの?」
ということでした(笑)


この案内を読んで解決。

717年に開かれてからは
「平泉寺」として知られ、
室町時代にはかなり栄えたそうです。

明治時代の新仏分離令により
寺号を廃止し
神社となったとのこと。

平泉寺白山神社へのアクセス方法

中部縦貫自動車道勝山ICから
車で15分です。
私たちは永平寺から
車で向かいました。
50分ほどで着き、
無料の駐車場もありました。

電車で行くなら、
福井駅から
えちぜん鉄道に乗り勝山駅で下車
(所要時間約50分)
そこからコミュニティバスの
「平泉寺線」というのに乗り
「平泉寺神社」で降りると良いようです。
(所要時間約20分)
➡︎勝山市コミュニティバス時刻表

苔が絨毯のようで本当に美しいので、
春か夏に行くのがベストかと。

この平泉寺白山神社に寄った後は
車で大阪まで戻ってきたのですが、
途中、滋賀のあたりで
びっくりするような豪雨に遭遇。
前の車がよく見えないほどでした。

それを抜けたら大阪の街が見えて
すっきりと晴れていて、
なんだか下界への出口みたいだったなあ〜と
思いましたよ(笑)

神秘的としか言いようのない
素晴らしい場所だと思います!

公式HPも苔の写真でいっぱいで
見てるだけでも癒されますよ♪
➡︎ http://heisenji.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする